|中文版English簡體版日文版兒童版

 
 
 

 

タルコ族


【部族について】

タルコ蕃の男女

以前台湾学界の領域で原住民族群を分類する時、伝統の文化にタルコ族とアタルヤ族の間にある程度の関連性と類似点を持っていた、前者は「亞族」と「群」の階級、「アタルヤ族セデック亞族セデック群」の名前でアタルヤ族のに配属された。但し、日本時代の時からある学者の調査によるとこの族群が自分をsajegと呼んでます。そして、アタルヤ族との間に言語と文化などの面にも異なる、ですからsajeg族(紗積族)の名前をつけた。

セデック群は自分をSejigと呼んだ、「人」という意味である。タルコ族はもともと南投県内に住んでいたが、徐々に東の方へ移転しました。原住居地にはTkdaya,Tuuda,Trukuなどの語群が住んでいて、Truku語群の大半が南投から花蓮へ移転した。

族人的认同真实存在,Truku或太鲁阁,才是多数族人对外宣称自我族群身份时的认同指标。

長い間、多くの東セデック族人にとってアタルヤ族から脱離することは強い念願持っていた。正名活動が数十年続いてきた、東セデック族中のTkdaya,Tuuda語群と南投地域の西セデック族人が正名活動に皆それぞれの違う意見を抱いたが、2004年01月14日に行政院から台湾12個目の原住民族として認定されました。

台湾原住民の社会には「族」という概念がなかった。日本の殖民対策、現代政府の政策、人類学界の研究と認定などの原因で徐々に「族」と言う概念が固まってきた。今のタルコ族が東セデック族中のTkdaya,Tuuda,Truku語群を含めている、主に花蓮の村落に点在している。政府の認定を得てからまだ一年経ってませんが後の変化が要注意、その中にTkdayaとTuuda地位の争いが問題のキーポイントです。

「族」と言う概念が原住民の物ではなく外部からつけられた名前です。タルコ族が日本殖民時代、自分以外の所属と接触する時には「群」と「部落」を使っていた。同じくタルコ族に所属する三つの群、花蓮地域の他の族群と同じ、花蓮奇莱平原のsakiraiya人、カマラン人、南勢のアミ人と漢人などが以前は殺し合い或は首狩りの敵だった。

部族間の境界線が曖昧する原因は、部落に血縁関係を立っても、組織が緩くて、土地の不足、あちこち小さい部落が点在して、でも独立な部落になるには原部落との関係と認定されるかどうか?から決めます。

 

タルコ族群の配布図

【地理上の分布】

タルコ族或は東セデック群、中央山脈東側の木瓜渓、立霧渓、和平渓などの流域に点在していた、今は花蓮県秀林郷の文蘭村、銅門村、水源村、佳民村、景美村、秀林村、富世村、崇徳村、和平村と萬栄郷の紅葉村、明利村、萬栄村、見村、西林村と卓渓郷の崙山村、立山村、などの区域に住んでいる。南澳郷の南澳村、澳花村金洋村、吉安郷の慶豊村、南華村、福興村などの地域にも部分のセデック人が住んでいる。

今残ってるタルコ族に関する研究文献の多くは早期の宣教士、殖民時代の官僚と日本時代の役者、国民政府によりできたものです。普通の研究対象はアタルヤ族です、タルコ族をアタルヤ族の下に置くが、タルルヤ族と(東セデック群アタルヤ)タルコ族の文化、言葉には異なるところが多い。ですから、タルコ族を中心としての研究が少ないです、最近になるとこれらの研究が増えているらしい。

タルコ族の言い伝えから見ると族群の起源説が樹と石から生まれ(即ち祖先は木と石の混合の神樹であり)、もう一つは祖先は奥のない深い穴から来たと言う説もあり。実際には、発祥地に関する伝説はTkdaya,Tuuda,Truku語群の間にも違います。中には花蓮県秀林郷文蘭村西南方Bunobong(神石、白石、牡丹石)の説がよく伝わられる。

文字で族人の移転歴史を記録する時、口伝の移転歴史も含んでます。中国の清朝から日本の殖民時代、国民政府まで、タルコ族は色んな部族、族群と戦い、国家からの禁令と生活環境条件などの原因で部落を移転することがよく発生していた、この大半が山奥から山肌地域移転させ。最近部落を離れて都会へ出稼ぎの族人も増えてきた。

 

展示する女性の服装

男性の服装

【社会組織と構造】

タルコ族の社会には緊密な組織がありません、セデック人が東移転する時家族単位で、同じ部落の皆が親戚の関係を持っていた、部落と部落の間にも親戚の関係で緊密なネットを持っていた。部落が分裂しやすい、普通三世代で新しい成員が独立して新しい部落を作り出す、これらの部落の規模が小さい。小部落点々とあちこちに散在して、緊急事態になったら血縁関係で皆助け合い。

タルコ族の社会組織に頭目(ある大きな部落には副頭目或は助け頭目が設置する)、長老、伝達、勇士などの役者がある。但し、研究者によると部落の頭目が常に外来政権の指示で誕生する、その権利は親族内の成員に及ばず、決定権は長老と族長の話し合いで決めます。

親族関係がタルコの社会に重要な役割を務めている、多くの部落がこの規則により立てられ、人と人の連動関係にも主導権を握ってる。親族(lutut)父系、母系、血縁、と婚姻の親族。Gayaがタルコ族には重要な信念であり、法律、道徳、禁忌、儀式、礼儀、規範などの意味を含まれている。部落の中に人の組織と力がGaya関係のある人を中心にする、これは血縁と地元の親族関係と似てる。Gaya関係を持つ族人がお互いに生活責任を分担して、助け合う、共同に罪を負う、生活のルールを守り、男女の間の行動準則もGayaに制限されてます。

 

【生産方法と飲食文化】

タルコ族の生活が農業中心である、でも部分族人が商売或は公務員をやって住居地を離れ都会(花蓮など大都会)で生計を立つ。故郷を離れて都会へ勉強する学生も少なくない、彼らから原住民青年会の団体を創った。2001年03月に上京したTruku学生たちが「台湾原住民徳固学生青年会」を成立して族群文化のと族群の正名活動に力を入れる。学生団体の他に、都会で出稼ぎな族人たちが仕事のためにあちこち点在して同族を一緒に暮らすことが少ない。

現代国家体制に入る前のタロク社会が、焼け畑と狩猟活動で生計を立てた。住むところが1000メトル以上の山だった、粟、米とサツマイモの農作物以外には、肉類が山奥で取った野獣から提供する。伝統的な建物と住まいが周辺から取った堅い樹木、竹或は石板で建てられる。

飲食の方、主食は粟、サツマイモなどの作物で、野菜、果実と狩りの獲物が副食。粟でお餅、お酒、お粥を作り。サツマイモが焼く、蒸し、煮るなどの食べ方があり。山で獲た獲物はイノシシ、長鬚ヤギ、ウサギ、など。鳥や、魚の肉も食べます。肉類の料理方法は完熟で食べるのか、塩付けのか、ある部分の内臓が生で食べます。

 

【祭儀文化と宗教信仰】

タルコ族は基本的に両性分工社会です、男が狩りに、女が農業を担当する形で。狩猟活動が男性の責任、耕作地の伐採、土地の整理など重い仕事が男性の仕事であり。女性は田植え、日常の草取りなど、作物の収穫は男女協力でやります。

自分が生産できないものは交換の形で。中には塩、火薬、銃、鉄器などが漢民族との交換で得た商品です。

タルコ族の伝統信仰はutuxです。Utuxと言う言葉は祖霊と言う意味が(或はrutux rudan)、中にも神、鬼、霊魂なども意味する。人が死んだ後utuxになるが本当に自分と関係あるのは親族のutuxです。ですから、utuxの崇拝は祖霊が主要な対象です。個人と他成員たち福祉と関わる。Gayaを怒らせる、utuxに不敬なことをしたら自分或は他人に不幸を招かれる。

キリスト教が日本時代からタルコ地域に導入され、但し、日本政府の禁令でうまくできなかった。戦後キリスト教を受ける人が神速に増えます、主な教派はキリスト長老教会、カトリック、新キリスト教会などであり。

宗教のリーダーに祭司(msalu gaya)と言う役者があります、但し皆専業な祭司とは限らない(Truku語群の方は部落の族長が勤める)。祭司は生産と関係する全ての祭事を担当する、部落の皆に祖先gayaの言いなり祭事の時に祖霊へ農作の豊作を祈り、狩りと首狩りの無事を祈ります。部落に病気或は災害が発生したら女性の魔法使い(smabox guyox)が発生の原因を探って判明する。キリスト教伝来後、信仰上のリーダーは長老と聖職者へ移り変わり。信仰上のリーダは政治活動の中にも重要な役割を果たしています、例えタルコの正名活動も教会の牧師たちを中心にスタートします。

伝統的な信仰は祖霊祭りの他に、タルコ人は決まった周期で農耕作業を行う、種まき祭り、収穫祭りなどの祭事を開催する、時々首狩り祭り、祈雨祭り、祈晴れ祭りなどの祭りもやります。キリスト教の伝入と生活方式の変化と共に伝統祭り行事の開催が大分減りました、近年族群文化振興の流れで、祖霊祭りなど重要な祭事の開催もやり始めます。

タルコ蕃の住宅

 

【居住の形態】

タルコ族の部落の規模が比較的に小さい、人口数も少ない、一般的に十数人程度、二百人を超える部落が非常に少ないであり。そして、同じ部落に住んでも建物がまとまらない点々として、二軒の距離が近くても20~30メトル以上離れてる、同じ部落にしてもいくつの団地に住んでお互いに数キロ或は数時間も掛かるところに分散する。

 

 

【工芸、芸術と音楽の表現】

紡織と編織は伝統生活に重要な技です。紡織女性の仕事です、全ての衣服と布が全部手つくりです。ラミーは紡織の主な材料です、葉を除いて、煮る、洗浄、日干しなど複雑手順を経てやっと使える材料になる、今はラミーの代わりにコットン、ヤーンができてた材料を使います。竹と藤は編織の主な材料です、今はナイロンなどの繊維性の製品を使ってる。編み物は生活品をメインで、例えば運ぶ用、持ち歩く用、盛り付け用、飾り物、貯蔵用、など。代表的な製品は編み袋、物置カゴ、背負いカゴ、頭の飾りなど色んな品々があります。

タルコ族波可斯依社酒の壺

標本文物-女性のスカート

標本文物-袖のセット



音楽と踊りは生活には欠かせないものです。仕事中、休む時には、男女問わず皆歌謡を唄える、唄の曲が少ないため、即興の形でその時の感情と気持ちを現す。ダンスのステップが簡単です、輪になって簡単なステップで踊ります。楽器は笛、口の琴があります。今は常に披露宴で使われる。

台湾各地の原住民族文化テーマパークで原住民の唄、踊りを披露しています、原住民に対するイメージがブロック化され、花蓮区域の原住民族文化テーマパークにはアミ族がメインでタルコ族を紹介するのは少ないです、タルコ人の参加も少ない。政府の力でタルコ国家公園の観光事業を推進します、タルコ人を招かれてパーク内に布の織り方を披露して、伝統的な生活器具を展示されてる。

 

【族群と政府の関係】

政治活動で自分自身の権利を求めるためにのために努力しています、そのためにタルコ人がいろんな活動に積極的に参加する、1988年土地返還の活動、1990年のセメントの開発を反対する活動と1994年タルコ国家公園に反対する活動など。正名も求めるためにいろんな政治活動を参加していた。正名活動が台湾キリスト長老教会のタルコ中会からスタート、1996年ついに族群内部に気づかれ、「正名」をテーマに花蓮各地で研討会を行った。

原住民の文化がだんだん政府と台湾社会の目を引いてます、族群文化を復活しています、タルコ地域で伝統的な紡織と編織の研修会を開きたり、伝統的な歌謡、踊りの試合と祭りを開催したり。一部の族人も色んな芸術に専念し始めた、例えば、革の彫りが新しい創作の代表です。他には各地の長老を訪問して文字の形で本族の文化、伝統を記録し研究する。これらの活動で自分の族群文化への認めるが強烈に表している。

正名活動の期間、色んな芸文イベントと研究会を開催されて、族人が自分自身の身分への認同以外に、新しい伝統を創り出されるでしょう。タルコ族とセデック(sejiq)も新しい未来を迎える、将来族群の問題の解決にも皆の知恵が必要です。
 

我的e政府無障礙空間標章

国立台湾先史文化博物館 着作権所有 ©Copyright 2008  プライバシーポリシー | リング安全政策
アドレス:950-60 台東市博物館路一号No.1 Museum Rd. Taitung, Taiwan 電話:089-381166 お問合せ
閲覧時には1024x768以上,IE5.0以上のバージョンを推薦する