|中文版English簡體版日文版兒童版

 
 
 

 

ルカイ族


【族群について】

ルカイ族下三社郡万山社の頭目の正面

2007年多納村の石板の家

日本統治時代に沢山の学者たちが台湾の原住民を分類しようとしていたが、使う分類の基礎と標準が其々異なるから結果もさまざまでした。馬淵東一(1953年)が〈高砂族の分類-学史的回顧〉にこう書いた、「ルカイ族」の分類に早期の学者がTsarisenと呼んだが、後の《台湾高砂族系統所属の研究》にRukai と切り替わった。

文献によると「ルカイ族」の歴史を探る時四段階に分けられる。第一段階は伊能嘉矩と粟野伝之丞(1900年)が言語と風俗でTsarisenを分類学に独立の地位を与えた。「Tsarisen族」はRaval、Butsul、Rukaiと下三社を含んでる。第二段階は森丑之助(1912年)、佐山融吉(1921年)と小島由道(1920年)三人がTsarisenをPaiwan族に合併した。第三段階は移川子之藏(1935年)、小川尚義と浅井恵倫(1935年)らが言語学と系統譜でRukaiを分類学に独立の地位を与えた。移川らはRukaiと下三社を合併して「Rukai族」になる。第四段階に鹿野忠雄はまたRukaiをPaiwan族に合併した。ルカイ族内部の分類に鹿野忠雄(1939年)は地理の配布と族群の自我意識でRukai亞族を「東Rukai群」、「西Rukai群」と「下三社群」三大群に分けた。陳奇禄(1955年)が居住エリアによりルカイ族を「大南群」、「隘寮群」、「濁口群」三大群に分けた。

ルカイ族に名前をつけるには法則とルールがあります、地形などにキッチンと名前をつけてる。高い山、温度の低い湿度やや高い区域(takangangerecane)がdrekaiにする、低い暑い区域(takaculuane)がlabelabeの名前が付ける。これは集落をにする方法です、パイワン族に対して「ルカイ」は自分をNgudradrekaiと称する、即ち山に住む人、山の人という意味です、或は気候の寒い、湿度の高い(takangangerecane)の所、寒冷区域に住む族群の意味です。ルカイ族はパイワン族より標高の高い区域に配布するから自らNgudradrekaiと称する、その環境と当てます。しかし、霧台のルカイ人は原住民と非原住民を弁明する時にNgudradrekaiじゃなくてKacalrisiaane(山地人)を使います。文献中のRukai(ルカイ)は多分Ngudradrekaiのdrekaiから取り組んだかもしれない、ただ発音の間違いでdrekaiからRukaiになった。普通に、西ルカイ人は中国語の自我紹介は自分は「ルカイ族」と言います、母語を使う時「Rukai」を使わずに「Ngudradrekai」を使います。東ルカイ人は「su-Taromak」を使います、即ち「大南に住む人」の意味です。下三社群はこの三つの村の名前Torlukan、’OponohoとKungadavanは祖先から残してくれたものと思います、これは根本的な認識ですから、言葉で自分の族群を紹介する時にはTorlukan、’OponohoとKungadavanを使い、文字にする時は「ルカイ」を使います。
ルカイ族はDalubaling (大鬼湖)から移動して分流し始めた、ついに「下三社群」の茂林、萬山、多納と「西ルカイ群」の吉霧、好茶、阿禮、霧台、神山、伊拉、佳暮、大武とタルマクを中心にする「東ルカイ群」が形成しました。
若し遷移定住の状況、タルマクとの関係の面から分析すると、「西ルカイ群」はさらに四つの系統に分けられる、「Dadele (達徳楽)」、「Labuan(拉布安)」、起源、脈関係のない「Kinunane(吉霧)」とShikipalhichiから西へ移動した「Kucabungan(古茶布安)」です。ルカイ人の認同は対象によって分類の標準も其々、多重な構造が現れます。多納集落から見ると、多納集落の村人が集落の認同感を強調する時に、言葉、歴史の記憶と「黒米の祭り」を使って茂林、萬山と区別する。自分と茂林郷或は下三社群の関係を強調する時には、行政地域、学界の分類、言葉と歴史の記憶で霧台族群、台東族群と区別する。多納の住民たちが「族」の意識、認同を強調する時には国家の族群分類と文化の特質でルカイ族と他族を区別する。だから、集落、茂林郷/下三社群とルカイ族の三重構造の認識で共同の源流を作り出した、其れによって群れに対する意識が生まれ、族群(ethnic group)への所属、一体感が育てた。違う境地で、下三社の人が文化遺産の意義と社会記憶の操りで一体感、認同の段階を決める。

 

【地理上の分布】

ルカイ族群の配布図

ルカイ霧台団地の岩板巷

ルカイ族は中央山脈の南の東西両側に住む種族です。山脈の西側に隘寮渓流域の西ルカイと荖濃渓支流の濁口渓流域の下三社群がある、山脈の東側に呂家渓流域の大南群或は東ルカイ群がある。前者は標高500メ-トルから1000メ-トルの山地は主要な住居地で、後者は台東平原のやま沿い地帯に住んでた。今の行政範囲は、西ルカイ群の集落は東県霧台郷の好茶(Kochapokan)、阿禮(Adel)、吉露(Kinulan)、霧臺(Butai)、佳暮(Kanamotisan)、大武(Kaibwan)など六つの村がある、山地門郷の徳文(Tokupon)、青山(Samohai)と瑪家郷の三和村美園団地;下三社の集落は高雄県茂林郷の茂林(Torlukan)、萬山(’Oponoho)、多納(Kungadavane)三つの村;東ルカイ群の集落は台東県卑南郷の東興村(旧名:大南村) (Taromak)がある。
ルカイ族の領域は北:ブヌン族、ツオウ族と接する、南はパイワン族、東はブヌン族、アミ族とプユマ族と接する、西は荖濃渓部分の平地以外はパイワン族のRaval(拉瓦爾亞)族とButsul(布曹爾亞)族に囲まれた;一部のルカイ人は遠い大武山のと太麻里渓の上流一帯までに住む。

Kalailaはルカイ族の伝説の発祥地です、中央山脈Daloaringa、Tiadigul(別名:Bayu、今は「小鬼湖」です)とVarokovok三つの湖の間にある。神様Kalailaの住むところです、神聖な場所ですからこの地を通る時には必ず白い衣服を着ること、守らないとaididinga (神様)を怒らせて不幸を招くことになる。東ルカイ人の話によると、神様aididingaは死者の霊魂の意味でもする。Sunaranaraの上にあるBayu湖の東四キロの所にCakovという場所があります、そこに分裂した石柱の伝説arakowa(aidingaの集会所)があります。ルカイ族のaidingaが体から脱出後、Daloaringa、Varokovok、Auaura、Bayuの順番で通して再びAurathuda(霧頭山)とTagaraus(北大武山)へ戻り、最後、Kavoroganaに定住する(即ち死者の集落です)。







 

ルカイ族東興村の新婚夫婦、腕を組んで酒を飲んでる

ルカイ族の結婚式

【社会組織と構造】

ルカイ族は階級性の社会です、頭目、貴族と平民の階級があり、貴族の中にも地位の高いと低いの区別があります、三者の階級は生まれつきで代々継ぎます。本家と分家の区別と階級の線を越える通婚(昇進結婚と格下げ結婚)でルカイ族の階級関係の計算がさらに複雑になる。他に、勇士は個人の才能と努力で地位を取ることが出来ます、貴族、平民にもかかわらず、戦いで敵の頸を取ったり、武器を奪ったり、大型な獲物の獲得で長老と集落の協議で勇士のタイトルが与えられて軍事リーダになり、これは平民が地位をアップする主な方法です。東ルカイ群に会所制度があり、男子15歳になると集団で成年式を行い。

社会階級は「家」の単位で計算されます、家の名前には頭目、貴族或は平民の身分が含まれてます。言い換えれば、所属の家からこの人の身分、社会地位がすぐ判ります。家の名前と家屋は長男が継続する、他の人は家を出て新しい家屋を建てて、新しい家の名前を作る、これは本家と分家の関係の形成です。多納のルカイ人は「竈」(tabalongane)で「本家」を象徴する。

ルカイ族の集落には多重の意義があります。集落の第一要件は地域単位です、但し、集落は全部同じ居住単位(lialikolo)で構成するとは限らない、ある時、近所の居住単位で構成することもある。彼等の関係は時に付属する、例えLabuanと近所のDidero;時に分かれる例え屏東県霧台郷の佳暮村は元々霧台村の耕地だったが、人口の増加が原因で続々とここへ引っ越して新しい集落になり、でもまた霧台の一部に属するから、定期的に霧台の貴族と頭目に朝貢する、霧台集落の祭儀にも参加する。地理上の関係と土地はの所有権が同一の貴族に属することでルカイの集落に認められる要件です。

各集落の発祥伝説から判る、主要の貴族がより早めに集落に着いて、土地を先取りにしたから集落を管理する権利或は特権を与えられる。《重修臺灣省通志卷三住民志同冑篇》に書いた、ルカイ族は使用の目的で土地を道路、会所、集落外の休憩所、集落内の集会場、敵の首棚、泉水、公的墓用地などに分類した、集落全員共有のものです;祖の他集落内の土地自然財産、と地上のもの、山の石、樹木、花、野獣、川の魚まで少数の貴族の私有財産です、貴族はこの財産権で使用者(村人)に税金(sualupu)を取ります。

農耕地の範囲は集落内外へと広がり、一般的には貴族のものです。農地と建築用地は集落の発展に連れ何処の貴族に所有することもはっきりされてます、村人が使う前に貴族の許可が必要となり、毎年に収穫量の四分の一の芋と粟が土地の持ち主である貴族へ送る。貴族が所有する土地に家屋(tangane)を建てる人は、家に家族成員の生命祭儀或は季節の祭儀を行う時に、持ち主の貴族に尊敬する気持ちを表明するために一部の儀式用の豚の内臓を貴族に送ります。

西ルカイ群を例にして見ましょう、村人は儀式と納税(豚、酒などの贈り物)の手続きで頭目と貴族の飾り権利を手に入れることが許される、これは「特権譲予税」(thimithimi)である。頭目と貴族から許される権利は:入墨の権利、ゆりを飾るの権利、衣服飾りの権利、特殊な名前の権利など。下三社群に特権譲予税の制度が持ってません、入墨とゆりの飾りは頭目と貴族だけの権利ではない。村人は頭目と貴族との婚姻関係で衣服の飾りと特殊な名前の使用権を取得することが出来ます。結婚後子供が生れたらその子は貴族の名前が使えます。

 

【祭儀文化と宗教信仰】

20080809好茶村
豊年祭-ふれあい姫、大使と審査員の写真

2008年タルマク部落のフランコ祭

96年東興村のカラリシア,フランコ祭-大會舞い

ルカイ人は超自然的な現象を五つに分けてます、一つ目は精霊です、大猟或は豊作を祈する対象です。二つ目は神霊の擬人化です、個性的に喜び、怒り、の表現があり、祈祷師たちに病気を治す力与える、三つ目は荒野のどこかに潜んでる精霊です、人が彼らと関わったら病み、悪運を招く、四つ目は事故で集落以外の所になくなった人の魂です、五つ目は一般になくなった人の魂、即ち祖霊です。

信仰システムとか儀式好意とか、もう今は族人の日常生活にあまり見当たらなくなり。族人は現代医療システムと学校の教育から生活の出来事に関する新しい解説を受けた、キリスト教も元の信仰と切り替わったらしい。それにしても、不幸な事件を探求するときには、特にに意外の死亡事件など元の信仰へのこだわりがはっきり表してます。

以前祭儀のリーダーは世襲制度でした、集落の特定の貴族の戸主を担当する。集落の祭司と世襲性特定な祭儀を担当する貴族が、年中に定期的と非常時に村民を集まって共同祭儀を開催する。

ルカイ族の儀式は三大類に分けます、一つ目は全集落は共に開催する、例え収穫前の祭儀、豊作を祈る以外にも、集落の境界を区切ります社会的な意味がある、そして、集落来年の運勢を占う、粟の採取が終了後に開催する。二つ目は家庭単位で行う祭儀です、家族のメンバーと本家と分家の関係を区切ります意味がある、祭儀の目的で農業関係と祖霊に感謝するに分けられる。三つ目は個人生命にいろんな段階に社会身分、地位を与えるの儀式です。

 

【工芸、芸術と音楽の披露】

一般的には大型な器具の製造或は彫刻は男性の作品で、刺繍と編み物は女性の作品です。村民の衣服と日用品は村民が作る、頭目と貴族専用の日用品、木の彫り、石の彫りが才能のある或は家族淵源のある彫刻師が作る、専用の飾り、衣服は頭目家族と貴族の家族の女性が縫います、大部分の彫刻師は貴族或は頭目家族の出身です、象徴文様の知識は頭目と貴族家族に握られる、多くの彫刻師は小さいごろから象徴文様の伝説、意味を聞きながら覚えてきた、其れは物作るときのインスピレーシヨンになる。頭目と貴族の女性は象徴文様の意味と表現方法が良く知ってます、器用の人は常にこの中から新しい衣服の文様を考え出します。頭目と貴族はこれらの彫刻品を家の内外に飾ります。

木材を彫り抜くことは台湾原住民族に何処でも見られる工芸です、ただルカイ族が大工の手際良さで知られてます、貴族の使う器具の多くは彫刻が入れてます。ルカイ族の彫刻に最も使われる文様はパイワン族と同じく蛇の体で人の頭の文様です、ちょっと違うところはルカイ族が二匹の蛇が背を向いてる文様と太陽紋が好みです。籐で作る器具はルカイ族も他の族群同様ですが、手際がよく器具の種類も比較的多い、よく使用されるのはは六角形と人字紋です。狩猟はルカイ族の主要の生産方式だから、革を揉みことも工芸の一つです。
 

ルカイ族の木の彫り

ルカイ族の木の彫り

屏東阿禮団地-男子の長袖上着

多納村の住民センター

伝統的な踊りには楽器の演奏がありません、ダンサー自ら踊りながら歌います。時に男女が二つの輪になって女性は内側男性は外側に、其々の歌を唄って女性は柔軟のステップを保って、男性のステップと唄の変化が比較的大きいです。

 

【ほか】

好茶集落(Kochapongan)はルカイ族の西ルカイ群にとって親分みたいな存在でした、阿禮と霧台などは好茶から独立した集落です、ですから、好茶は「総本家」の地位がある。旧阿好茶は北大武山の反対側にあり、集落は隘寮南渓の北側に設置される、隘寮北渓沿岸に散在する。1977年に村が新好茶へ移った。西ルカイ人はルカイ文化の振興のために、1990年政府に旧好茶の遺跡の再建を強く求めていた。同時に、族人を総動員して新好茶で瑪家ダムを建設する政策に強く反対する。
1987年に瑪家郷にある原住民文化公園の完成と正式に運営することで、異民族の観光を吸引して周辺の原住民工芸事業も引っ張られて、原住民工芸品を作るの工房が沢山設置された。屏東水門(三地門)地区は昔からルカイとパイワンの集落が平地へ行く交通要道でした、集落と平地の間にある、ですから、屏東の原住民の芸術家たちがここを選んで創作する、作品とアイディア交流のネットが形成する。
1990年に行政院文化建設委員会から「団地全体の営造計画」を提出した、この政策がルカイ族の各群へ深い影響を与えた。団地発展委員会を設立し、部落の根源を探すのイベントを行い、伝統的な祭儀の披露、伝統芸術の振興、伝統的な名前と地名の回復、口伝文学と集落の記録などの活動を行った。族人にとって、先人が残してきて工芸文化は全体族人の「文化遺産」と「文化資産」です、族人皆これらの遺産を保護する義務がある。観光を発展するムードで改良された工芸文化は経済価値あるの地方特色になった、各団地の「文化産業」になる。

我的e政府無障礙空間標章

国立台湾先史文化博物館 着作権所有 ©Copyright 2008  プライバシーポリシー | リング安全政策
アドレス:950-60 台東市博物館路一号No.1 Museum Rd. Taitung, Taiwan 電話:089-381166 お問合せ
閲覧時には1024x768以上,IE5.0以上のバージョンを推薦する