中文版English簡體版日文版兒童版

 

 

 

プユマ族


プユマ族群の配布図

【地理上の分布】

プユマ族は現在主に台湾東南部、台東平原西側の山沿いと台東南側の川沿いに分布しています。言語学の分類からみると卑南族がオーストロネシアン系のパイワン語群下の卑南語群です。しかし、卑南族が部族分類の認定上に学界で大騒ぎになった。

「卑南」の名前が元々卑南族の一番大きい部落「南王社」の名前でした。その言語と文化がパイワン族とよく似てる、早期の日本人類学者が台湾原住民を調査する時、馬東淵一らが卑南族、パイワン族とルカイ族を同じ「獅社族」に分類した。その後、移川らが書いた《高砂族系統所属》で特殊なkarumahan(祖家制度)が持てるからパイワン族から独立させた、そして、共同の発祥地panapanayan(知本南方にある美和村の海岸)の名前で族の名前に、卑南族からpanapanayan族に改名した。この後部落の数で「八社蕃」の呼び方もあった。今は卑南社の所在地(puyuma)を部族の名前にする。しかし、他の部族がこの名前に異議があるから中華民国78年から八つの部落の聯合年祭り上、「pinuyumayan」の名前で全卑南族族人を意味する。「pinuyumayan」が「卑南族に属する」という意味、ですから卑南語にはこれで地名の「puyuma」と区別する。(林志興1995:27)。

昔から台東平原に住んでいます。今約は一万人余り台東平原に住んでいます。卑南川南部、知本川北部間の地域に集中している。台東市東河郷と屏東県の來義郷にも少数住んでます。もともと台東県太麻里郷、屏東県満州郷、牡丹郷に住んでいた卑南族が殆どパイワン族に同化されたらしい;恒春鎮の卑南族が漢民族に同化されたらしい、人口数は卑南族に計算しない。人口は少ないですが住むところは交通の便利なところに集中してるので外部との接触が早いし、外来文化の受け入れも速いですから前から東台湾の政治圏に深い影響力を持っていた。

 

プユマ族の男子

盛装するプユマ族の長老

【部族について】

卑南族は中国の元朝から既に西部の漢民族と取引があります、当初ここが“卑南覓“と呼ばれた。オランダ人が台湾に侵入後(1600~1662)、鉱石を開墾するために“卑南覓“の住民と手を組んだ、オランダ人撤退後卑南社がその勢力範囲を受けついて、その勢力範囲が北は関山、池上、広澳、新港、南は大武まで拡張した、おそらくそれは“卑南覓72社“であったでしょう、その範囲内のアミ族とパイワン族も含まれていた。中国清朝の時鄭成功らが金鉱を取ろうとしていたが卑南社の武力が強すぎであきらめました。

中国清朝の記載によると、江日昇《台湾外記》(1683)、黄叔敬《台海使槎録》(1736)、などの文書に当初「卑蘭覓」と呼んでいた卑南族の名前が載っていた。清康熙35年(1695)台湾府令陳林、頼科が山を越えて卑南にやってきた、卑南大頭目が卑南王に冊封された。

日本人幣原坦さんの記録によると、清康熙60年(1721)台湾で朱一貴事件が発生した、残存の王忠金らが卑南地方に逃げ込んだ、再起のチャンスを待ち望んだ。しかし、瑯橋通事-王章が懐柔政策で着物、靴、帽子など卑南大頭目に贈りました。大頭目の協力で反乱者が捕まられ、「卑南大王」の称号をつけられ、冠と着物を清朝から頂いて東部の原住民の管理を委託されました。この原因で当初卑南人の勢力が花蓮港まで拡張しました(幣原坦)。今現地の長老が着る礼服、卑南語の発音が「Lonbau」でたぶん中国「龍袍」の発音と似てる。

卑南族の言い伝えによると、当初台東の美和村のpanapanayanのところから上陸、知本ではRuvaan、南王ではpanapanayanと言う名前。中華民国49年に知本と建和社が美和村の道路側に「台湾山地人祖先発祥地」記念碑を設立しました。知本社の言い方によって当時先に上陸のが女性二人、男性一人であった。名前は索加索加伍、派魯伍と立加索だった。三人上陸後、すぐ子供を生んだ、姉は今の建和部落、弟が知本社と南王社です。他の卑南部落が知本と建和社から分立出したもの。部落の人間が石生まれと竹生まれ二つの人種に分けて言葉も多少異なり。南王は竹生まれがメインで、知本が石生まれです。

70年代経済発展のために、大勢の人が大都会へ出稼ぎに行った。90年代初期続々と故郷へ帰って農業をやり始めた。故郷を離れた出稼ぎの皆のために同郷会を創った。

 

【社会組織と構造】

プユマ族祖先の発祥地

プユマ族起源発祥の物語

 

プユマ族利嘉団地の長老

卑南族の社会組織と人間関係(組織)について、親族関係が社会の基本構造になり。会社の基本単位が家(Ruhma)です、この上にsarumahnan(世系群)、次はsamawan(氏族)。いくつの氏族が集まって村落になる(zekal)。通常に一つの氏族が一軒の祖霊屋(karumahan)があります、そして司祭(rahan)が年中の祭事(例えば、あわの収穫祭、狩猟祭など)を管理する。

親族関係の社会単位のほかに、各部落の中に対外戦争、公衆事件などを処理する男子会所があります。男子会所は部落の成年男性と時期成年になり男性で構成される、普通各部落に一個の会所をあります、しかし、卑南族の部落には常に多数な会所を持っている、卑南社は六つも持っている。国家時代に入る前に会所が部落周辺の入口に設置され、出入りの人を監視する、女性或は老人出かける時、介護する、他族から首狩りの事件を防止する。自分の部落守るために会所が社会組織と緊密繋がっています、男性全員が必ず参加すること。

集落内のリーダーについて、各家族のrahanの地位がそれぞれ違います。地位の高いrahanが他のrahanを管理して儀式の進行或は部落の問題を決める。その外、もう一つのリーダーがいます、ayawanです。青年会ayawanのなど。但し、ayawanが宗教の機能が付いてません、ある部落のayawanがrahanの代わりに部落のリーダーのなり。

台東平原は卑南川、太平川、利嘉川と知本川沖積作用でできた、台湾東南海岸沿い最大の三角洲平原です。当地複雑な自然環境、海洋、平原、山、肥沃な土地、雑草繁栄の沼澤地帯と山肌、卑南族に多様な居住環境を与えた。

 

【生産方式と飲食文化】

卑南族の生産方法が基本的にオーストロネシアン語系族文化の特徴と一致する、伝統的には男性が狩り、女性が農耕です、男は猟に出て動物性たんぱく質を提供して、女の農作物が粟がメインです。地理環境が複雑から、環境を適切するの時に、南方にある知本系の部落が焼畑の輪耕、泳猟経済で、北方にある卑南社が肥沃な平原に恵まれ、主に定耕式で中にも焼け畑の輪耕を行ってた。農休時には大規模な狩りをする。中国清朝道光年の時に水稲の技術を受け始めた、米生産の生業に変わり始めた。

以前卑南族には帝国制に似ていた制度が現した。当時知本部落の勢力が盛んだ、近所の卑南族の部落(利嘉、南王らなど)とアミ族とブヌン族が知本社に朝貢していた。朝貢の範囲が知本と南王部落勢力の移り変わりで南王部落が各部落から朝貢を受けた。ですから、早期台東平原での交換関係が当時の権力構造と関係していた。




 

【祭事文化と宗教】

プユマ族建和部落の頭目の祈祷

プユマ族の巫女

 

プユマ族の祖霊屋

プユマ族のザル祭

プユマ族の大猟祭

プユマ族-゛草原上のジャズとサンバ゛五周年記念-呉昊恩

プユマ族-゛草原上のジャズとサンバ゛五周年記念-家家

プユマ族の木の盾

プユマ族の盾の踊り

初鹿部落-巴拉冠の外観

プユマのダンス-鐸餾児

卑南人の信仰が汎霊信仰です。基本的に卑南人が万物皆霊があることを信じてます。その外、卑南族の巫師(日本語でbulingow,南王でtamaramau)その巫術系統がよく知られてます、近所のパイワン族とアミ族が卑南族の女巫師の魔法を恐れていた。巫師が占い、魔法使いと儀式を導く能力を持っている。巫師の巫術が黒巫術と白巫術、黒巫術が人を害します、白巫術が治療するためにある。巫師が女性が担当する、男性の方が竹占い師で、アミ族から来た占い方法らしい。

外来宗教の導入がオランダ時代に溯れる。当時、オランダ人が金鉱を探すほうかに、当地にも議会と教会を作った。。キリスト教の傳入が当地の文化に大きな影響を与えた、最も直接な影響は祖霊部屋信仰の破壊でした。住民がキリスト教の影響で自ら祖霊部屋を焼いた。最近祖先への崇拝の観念で、祖霊部屋を建て直すことが増えている。

伝統宗教のリーダーが、氏族の祖霊部屋を管理するrahan、と巫師(bulingow)或は儀式専門家、二つに分けてった。卑南族主な祭事には両者が同時に儀式の進行と祈祷師の仕事。

卑南族の祭事が常に作物の収穫時間で決める。例え、七月のアワの収穫祭(venarasaH)、十二月末の大狩猟祭(mangayaw)、猿祭(mangayangayaw)と除喪祭(gilabus)。年中に干ばつが発生したら雨祭事(bauza)の行事もやります。

 

【居住】

卑南族ぶらくの形成からわかる、村落が親族団体でできた聯合ユニットです、一つの集落の中に違う部族の人を受けることが可能です、例え、口承文芸によると知本社の羅法尼耀家族がパイワン族でしたが、知本部落の形成には重要な家族でした。部族の交流が頻繁だった台東平原には族群の界線がそんなにはっきりしてなかった、重要なのは同じところに一緒に住む経験かもしれない。

 

【工芸、芸術と音楽の表現】

芸術方面、近隣のパイワン族の華麗な文化と違って、卑南族が最も繊細な芸術が刺繍と布を織ります。布の製造がかなり手間と時間が掛かります、漢民族の刺繍が導入後、伝統な布を織り方法が取って代わた、そして、複雑な刺繍を開発した。中に最も普遍のは十字刺繍法です、人踊りの文様が卑南族独特な文様です。

その外、卑南族男子会所の建築工事も見事です。日本時代の写真から見ると、卑南族少年会所が台湾オーストロネシアン語系族の中で柵式の建物が一番高い建築です。その時卑南族既に高い建築技術が持っていることがわかる。

音楽の方、卑南族が現代主流音楽にもっと素敵なアーチストがいます。陳実先生の「海洋」、陸森宝先生の「懐かしい年祭り」、「綺麗な稲穂」、歌手萬沙浪の時「我門都是一家人」の作詞者高子洋先生、と近年の陳建年、張蕙妹など、数多くな歌手が台湾の音楽界ではなが咲いてる。踊りの方も、卑南族の伝統祭事で踊るdimadialwが力一杯。1993年国家文芸祭時好評だった。

 

【部族と政府の関係】

文献から見ると、卑南族が外来文化の吸収力と適応性が他族より優れていた、オランダ時代から各統治階級との間に緊密な関係を持っていた。ですから、外来の殖民政権と接触する時、政治性な反発行動が少なかった。しかし、今卑南族が文化振興に活力満々な姿見せてます。1989年から伝統的な祭事を復帰して、卑南族人が自分の部落の祭事だけではなく、現在十個の部落を主催者として順番で卑南族の聯合年祭りをやっています。

復帰の活動中に、各部落も自分の見所を必死にアピールする。例え知本部落の踊り「budean」、朝貢の品々を背負う時重さを表す。発鹿部落の盾の踊り、ブヌン族の侵略を打ち切りために南へ出発する時の光景を表す。毎年の聯合祭りで各部落の見所をアピールして、新しい自分と文化の発展アピールする。
 

我的e政府無障礙空間標章

国立台湾先史文化博物館 着作権所有 ©Copyright 2008  プライバシーポリシー | リング安全政策
アドレス:950-60 台東市博物館路一号No.1 Museum Rd. Taitung, Taiwan 電話:089-381166 お問合せ
閲覧時には1024x768以上,IE5.0以上のバージョンを推薦する