|中文版English簡體版日文版兒童版

 
 
 

 

ブヌン族


【部族について】

ブヌン族クタバン群の男子(漢族式の建物)

「ブヌン」は(Bunun)『人』のことで。台湾総督府の臨時台湾旧慣調査会は1916年に《蕃族調査報告書武崙族前篇》を出版した。ブヌン族代々語り継がれてきた口承文芸によると、ブヌン族が山地に入る前に、元々は台湾西側平原に住んでいたが、その後漢民族の侵入と平埔族との争いで、南投県仁愛郷、信義郷附近の山地へ移転した。南投県の山地に入るとブヌン族は六部族に分けました。《台湾高砂族系統所属の研究》一書にブヌン族を六大部族に分けてます、それぞれは卡社(Take-baka)、丹社(Take-vatan)、郡社(Bubukun)、卓社(Take-todo)、巒社(Take-banuan)と蘭社(Take-pulan)であり。

ブヌン人は自分を巒社群(Take-banuan)と郡社群(Bubukun)二大系統と分けます。この二つの系統は文化特質と言語上には異なる、発祥地と移動ルートも異なる。馬淵東らの調査と長老の言い伝えによると、巒社群の起源地は中部の鹿港付近です、郡社群は南部の平地から山へと移動した、蕃仔田(台南佳里辺り)を経て嘉義、南投のへ移動した、二つはlamonganの付近に交流して山へと移動しました。

 

【地理上の分布】

ブヌン族群の配布図

ブヌン族は強蕃中の最強蕃にして、その恐るべきはアタルヤ族以上にあり。ブヌン族は中央山脈南部、濁水溪上流から南の方へ高屏溪、卑南溪の中上流地域まで伸びった、行政地域には現在の南投県の仁愛郷、信義郷;高雄県の桃源郷、三民郷;台東県の海端郷、延平郷、花蓮県の卓溪郷と萬栄郷の一部を含まれている。少数は他の地域へ移転するため平地原住民の身分を持って台東県長濱郷と花蓮県の瑞穂郷に住んでいる。ブヌン族人口一番多いのは南投県の信義郷次は卓溪郷である、総人口数は約三万七千人くらい。

以前ブヌン族村落の分布は高い海抜地域だったが日本時代に殖民政府が管理しやすいために強制移住政策で多くの村落が低い海抜、交通便利な地域に移された。

《蕃族調査報告書武崙族前篇》でブヌン族各社群が玉山(新高山)を中心に各地へ拡散する。日本時代中期の集団移住がブヌン族最後の大規模な移転であり。

ブヌン族の言い伝えに、創世或は宇宙の起源などの伝説がなかった、あるにはブヌン人が太陽、月、星自然ものとの対話だけ。ブヌン族族群の起源が一つの歌謡からスタート、歌謡の内容は自然界の表現と植物、ブヌン人自身と自然と万物の対話を表わすことの振り返し。ブヌン族は自分と動物の違うところがはっきりしてません、起源の言い伝えには人が蟲生まれたり、糞から生まれたり、女は蛇の脱皮を見て妊娠する、女と動物が交尾するなどの物語があります、人は石から生まれの伝説もあり、月(落とされた太陽)から行儀を教えてその時から文化が生まれた洪水が発生してからこれらの怪しい現象が止まり、各地への移転が始まり。

 

 

台東県延平郷永康村の長者

【社会組織と構造】

普通ブヌン族の村落が同じ氏族の集りで形成する、しかし、長期の移転と組み立ってで、現在沢山の村落に違う氏族の成員が混ぜている。家族成員に敬老の観念がすごく強いから大家族合宿制度を採用する;狩りが好きだからブヌン人が住居の入り口の上方或ひさしの下に動物の骨で棚を作り、動物の骨を部屋の隣の木に掛けることが部落の一大見所である。

 

他の台湾原住民と比べると、ブヌン族の社会組織が特別そして複雑な氏族システムです。血縁関係から氏族への認めと系統を発展して、これらの系統を重ねてブヌン人特殊な辯視システムを出来上がった。ブヌン族が同じBunun名前を使う部族が分類する時、一番大きな単位は「部落系統」或は「社群」、「部族」。最小の単位は「家」です。

 

ブヌン族は父系氏族中心の社会であり、男性には極限な権利を持っている。各氏族の組織が氏族部落中心で、基本的には部落が老人統治です。リーダーの下には部落長老者会議が設置され。

完全なブヌン部落が三人のリーダーがおります:一人は農業祭事を行う祈祷師、天文を見分け、気候と社会安全の維持、部落の問題を解決する。二人は射耳祭りの主催者である、普通は部落内その年狩りの量が一番多い方が担当する、その後、担当者が固定することになった。もう一人は政治的なリーダーであり、戦争、首狩り、復讐などを指揮する、勇士であり対外戦争の指揮者でもあり。

国民政府時代に、選挙制度で地方首長と代表を選ばれ、但し、「敬老制度」は依然変わらないブヌン族の重要な権利中心理念である。

ブヌン族の氏族制度には部族外との婚姻が厳しく制限されて、社会の連動関係と象徴性を緊密に主導している社会行為である、現実にも重要な人群の基本単位になり。氏族とか聯族とか関わらず、血縁で発展してきた人群の範疇、人間関係が、現実にも有効に生存リスクを防げる、盟友関係、ブヌン人が今もしっかり守ってます、特に同氏族の婚姻が禁じされること。

 

ブヌン族の婦人

標本文物-背負いカゴ

婦人と子供

【生産方法と飲食文化】

ブヌン人が狩猟と農耕から食品を貰うの他に、漁業と飼育もやってます。飼育はあひる、七面鳥、鶏、鵝の家畜類と鹿、イノシシ、豚、猿、牛、ウサギなどがいます。

ブヌン人日常の飲食がかなり簡単です。粟、サツマイモ、トウモロコシ、が主食です、農作忙しい時にはよく畑で食事する、サツマイモ、と青い芋が主食、主なスープは樹豆で作ったものです。その他、山菜、茸、しだ類、山の果実なども食べます。

最もブヌン族を代表する飲み物は粟酒である、ブヌン族の族酒です、他にもトウモロコシで作った甘酒がある。伝統的に粟酒の醸造が祭儀用のものであり。ブヌン族の飲酒習慣が「輪杯」です、皆輪になって座って皆同じのコップを使って、順番に酒を飲む。
 

ブヌン人の食品に、最も代表的な物は粟です。粟と他の作物の差別は粟の種になる(binsax)は「家」と「kaviazi」の象徴です、同じ家族の人間とkaviaziじゃないと一緒に食べられない、しないと命危ないです。代わりに粟はブヌン人にとってkaviazi或は家の繋ぎと成員の認同を象徴する、それにも認められた成員の間に存在する共有関係を表してる。

ブヌン族伝統的な生業は山の焼畑です。以前ブヌン族の生産活動は主に日常生活品に集中した、余った獲物と作物が、交易所に持っていて現地の漢人と布、鍋、塩の生活用品と交換する。

日本殖民時代にブヌン人の経済は、基本的に国家政策と警察行政に影響された。国民政府初期の経済政策も基本的には日本時期の政策をそのまま残して、民間の交易も日本植民時代と変わらない;たくさんの集落は日本人の政策によって無理やりに集団で移住されて耕地も配布された。実際には集落と耕地の間に遠く離されたところにある、戦後日本人が帰国させられてブヌン人の家庭が以前の居住式に戻った。当時の政府が積極的に推薦した御米の栽培は主な生業に成れなかった、そうしても粟が生業と文化に対する価値が影響されない。

 

【祭儀文化と宗教信仰】

ブヌン人の伝統的信仰は汎霊信仰です、人に二つの霊魂がある一つは左の肩に、一つは右の肩にあることを信じてます。この二つの霊魂が各自に独立な意志を持つ人の違う行為を決める。左の肩の霊魂は乱暴、どん欲、怒りなどの行動を起こさせる、右の肩の霊魂が友情、利他、寛大などの活動を起こさせる。この二つの霊魂は父親のから生れる。同じ人間から継承するため、二つの霊魂に同じ力を持ってる。霊魂の継承の以外に、訓練で霊魂の力をアップさせる。

 

ブヌン族の打耳祭

 ブヌン族の披露

 2007年延平郷の射耳祭り-伝統の競技-こまを打つ試合

 延平郷桃源村の巴喜告教会

96年度の射耳祭り-鼠捕りの落とし穴

黄応貴さんはブヌン族の祭儀は粟の栽培と深く関わってますと思います、日本人から水稲とキリスト教を導入した後、伝統的なブヌン族の祭儀が廃棄された。残り少ないの集落だけで耳打祭りを行ってます、一年に部落の一大行事になる。

ブヌン族は伝統祭儀一番多い族群です。粟の収穫を大事にするから、一連複雑かつ長時間の祭儀を生み出した。ブヌン族伝統的な年月の考えは粟の成長により分けます。農事と狩の時間は植物の茂と月相で決める、満月は人生円満と粟のを象徴する、月の欠けで厄払いを表示する。除草祭りの祭事を終了後、こまを廻させて粟がこまのように素早く回転する(快速成長する)ことを祈ります。広場にをぶらんこ建て粟がぶらんこ(長い)のように高くなることを祈ります。

キリスト教が1945年から徐々にブヌン社会に滲入していた。現在ブヌンの大半がキリスト教です、礼拝の時に固有文化と新しい信仰を融和してブヌン伝統の唱方法で聖歌を唄う。

ブヌン族の丹社群に板の絵描き暦が三枚発見されました、時間と歳時の行事、農耕の順番などを木の板に描いた。三枚の板の形それぞれ異なる、原始の暦法に十二ヶ月の太陰系列と農作物の季節を合わせて、暦法と歳時の一致性を求めます。

耳打祭りは重要な歳時の祭りです、祭儀中に「あわの豊作を祈ります歌」の「八部和音」は人間最高のハーモニーと言われる、1943に日本の音楽学者黒澤隆朝さんは台東庁関山郡瓏山社(今の海端崁頂)に初めて聞きまして世界に紹介しました。八部和音はブヌン人の優れる音楽性を反映してる、それも人間関係の仲良くと調和を表してます。

 

【その他】

伝統的なブヌン族の着物の材料は革(ヤギ、シカなどを使う)の他にもからむしを使います、皮を抜いて、色付け、干す、布を織ります、衣服に伝統的な飾りは直線の人字紋です、白い底に赤、黄、紫或は赤、黄色、白の組み合わせが好きです。祭儀に男性が着用するのは白い布を中心で背中にきれいな花柄を織り込むもの。藍と黒色の長い袖の上着と黒いスカートの組み合わせもあります。

 

女性の衣服は漢族式が中心で藍と黒二色が主要な色で、斜めに編む色の鮮やかな柄を胸元に飾り、スカートも藍と黒色がメインです。革で出来た服と帽子は男子の主なアバレルです。

現代化の観光領域と自我イメージを立て直すために、ブヌン族は自ら「中央山脈の守護者」に名乗り、善猟の文化特質を「生態智慧」の族群イメージへと切り替わり。森に対する生まれつきの知識を存分に発揮するために多くのブヌン人が国家公園に就職する。
今のブヌン族に対するイメージは台東延平郷の「ブヌン部落部屋」と「紅葉少年野球」です。

ブヌン部落部屋は白光勝牧師が1997年に創立した「ブヌン文教基金」に所属する原住民パークであり、それも白牧師の「希望工程」の一部。パーク内に原住民の手つくり工芸品売り場、踊り披露ステージ、ブヌン族織物の工房と原住民アーティストの陶芸、木彫り、石彫り、絵など作品が展示されてます。伝統的な彫刻品以外にも

 

ブヌン部落部屋の発展には危機を潜んでます。「白牧師が部屋を創る時、宗教的な意識が強すぎる」と多くの人とブヌン人からの批判が後絶たない、こうして教会外部の人の参入が難しくなり。ブヌン部落部屋の幹部も殆んど白牧師の家族が担当してます、白牧師の「家族企業」と言う批判も少なくない。桃源村の村民達がブヌン部落部屋は「彼ら」の部落であり、「私たち」の部落ではありませんという認識です。利潤をブヌン(観光式)部落部屋の第一要件にする経営方法で「原住民部落」が「リゾート地」、「観光式」或は「原住民を見る」場所にさらされた。



 

ブヌン族が自分を紹介する時、最も使われてる言葉は「紅葉少年野球」である、「紅葉少年野球チーム」がブヌン族のシンポジュウムでも言えます。台東県延平郷にある紅葉村は住民の大半がブヌン族であり、「紅葉少年野球チーム」が1964年に成立してから連戦連勝、日本関西の和歌山調布チームが1968年に世界少年野球チャンピオンの栄冠を取った後、8月25日に台湾に訪問する、紅葉少年野球チームと試合を行いました。紅葉少年野球チームは7対0で勝ちました。今回の勝利は台東ブヌン族の一大事になり、ブヌン部族の誇りであり。30年後地方の皆様の努力でようやく1992年に当時チームの所属紅葉小学校で「紅葉少年野球」記念館を成立しました。「光我布農」を書いてある記念碑が記念館の広場に立ってられ、台東ブヌン族の誇りを皆に顕わします。
 

海瑞郷ブヌン族の子供

延平郷桃源村町の壁画-村長の家

標本文物-皮の帽子

ブヌン族-標本文物-男子のタンクットプ

 

我的e政府無障礙空間標章

国立台湾先史文化博物館 着作権所有 ©Copyright 2008  プライバシーポリシー | リング安全政策
アドレス:950-60 台東市博物館路一号No.1 Museum Rd. Taitung, Taiwan 電話:089-381166 お問合せ
閲覧時には1024x768以上,IE5.0以上のバージョンを推薦する