|中文版English簡體版日文版兒童版

 
 
 

アタルヤ族


【部族について】

アタルヤ族踊りの披露

アタルヤ族男女の衣服の展示

楽しそうな顔をする子供

アタルヤ族は複雑な族群の概念の表す、単に一つの言葉、風俗、一つの族群の意識を指すではありません。多様な言葉、風俗、認同意識を持つ族群を意味する。これらの族群が文化的には類似な特質を持っているがあるところには大きな差もある。

 

歴史的にはアタルヤ族が顔の刺青の特殊な習慣で他族から簡単に「一つの部族」として見極める。言語学の面から見るとアタルヤ族はアタルヤ亞族(Atayal)とセデック亞族(Sedek)二大語族に分けられる、更にアタルヤ亞族には澤敖列(Tseole)と賽考列克(Sekolek)二つの方言群に細分する。言語学者のRaleigh Ferrellさんが日常によく使われる言葉を基礎にして、二つの言語を比較しました、澤敖列(Tseole)語とセデック(Sedek)語の間に類似度が37%もする、賽考列克(Sekolek)語とセデック(Sedek)語の類似度もっと高く46%にもする、アタルヤ亞族(Atayal)とセデック亞族(Sedek)の言語が類似度がきわめて高いことがわかりますが、実際に話すとこの二つ亞族がお互いにコミュニケーションことができなっかた。

 

澤敖列(Tseole)と賽考列克(Sekolek)群にて「アタルヤ」と言う言葉は「アタルヤ語を使う、顔の刺青、同じ起源地の文化背景を持つ人」と言う意味です。地方の差でアタルヤにはAtayal,Tayal,Tayen,Tayanなどいろんな発音が存在してます。でも、セデック亞族人にとってアタルヤ族(Atayal,Tayal,Tayen,Tayan)と言う言葉がなんの意味もないである。

一般的にはアタルヤ族人が常に同じ起源地、血縁氏族、幅広いの血縁団体Qutux gaga(同じ祭祀団体に参加し、同じ習慣と禁忌に従ってこの社会団体が主な社会組織と認める。アタルヤ語でQutuxは「一」と「連結」「ある協議でできた団体」などの意味を持つ。)と同じ川の流域或は地域の理由でできた部落同盟(Qutux pinkyalan)といくつの部落同盟でできた系統聯盟(Qutux p’haban)で地域群体或は方言群体の称号にする。例えPinsbugan(賓斯布干)を起源地としてMakanazi(馬卡那奇)から移出したSagalu群(石加鹿群)、Kinazi群(金那基群)など五つの群は自分をSagaluとKinaziを称する。Pinsbugan(賓斯布干)を起源地としてMaliba(馬立巴)から移出したGogan群(卡奥湾群《合歡群》)、Talanan群(台北県屈尺の南にいる群は屈尺群と言います。)など五つの群は自分をGoganとTalananを称する。あちこちに散在する族群はいくつの部落で形成したものです、日本殖民時代の前にほかの族群と戦ったり、首狩りしたりしていた。
アタルヤ族もう一つ族群「セデック亞族」である、セデック語に「人」の発音はSedekです、漢字の書き方は「賽徳克」です、一部の族人がこれ自分を称する、近代になるとこの名前でこの亞族を称する。近年、各方言族群の間に自我意識が高くなっていて、ある方言族群から「アタルヤ族」から脱離する声も出てきた。2004年台湾東部のタルコ群が台湾12番目の原住民族として行政院の承認を得た。










 

アタルヤ族群の配布図

婦人とあわ

婦人が布を織る景色

仕事を終えて帰宅中の婦人

標本文物-ハーモニカ

标本文物-布

アタルヤ族-標本文物-耳飾り

顔に入墨の婦人

【地理上の分布】

アタルヤ族の分布が広い、違う族群と部落の間に常に祖先起源の違い、地理環境の離れ離れなどの原因で部落に言葉、文化の差異ができまして、そのせいで族群の間に自我意識が生れた。日本殖民時代学者がアタルヤ族各部落の言葉、文化と地理の分布により族群の分類をはっきりしようとした。しかし、アタルヤ族各部落の関係が複雑しすぎで、この一世紀、学界上の分類が混乱していて、アタルヤ族族群の複雑さと判定の難しさがわかった。

 

アタルヤ族の族群の系統的な分類に関して最初の記録は大正四年(1915年)小島道由さんが臨時台湾旧慣調査会第一部(番族慣習調査報告書:第一巻太幺族)にアタルヤ族から脱離したセデック族を「紗績族」と称する(Sedeqの近似音です)、(番族慣習調査報告書:第二巻紗績族)も書いた。大正十一年(1922年)、浅井恵倫さんは言葉でアタルヤ族を「原アタルヤ族」と「セデック族」二大系統に分けた、そして、方言の相違に従って若干の方言の群に分けます。昭和十年(1935年)に移川子之蔵さんが《台湾高砂族系統所属の研究》にアタルヤ族の起源地の相違関係でPinsbukan、Papakwaga、Bunohon三つの系統に分けます、即ち賽考列克(Sekolek)、澤敖列(Tseole)と賽徳克(Sedek)三大系統です。。昭和十四年(1939年)、鹿野忠雄から浅井恵倫さんと似てる複級分類を提出した。鹿野忠雄の方が完備し進歩してる、言葉、風俗、体質などを基礎として、部族(Teibe)-亞族(Sub-Tribe)-群(Group)-番社(Village)の属序性分類体系を採用した。戦後、衛恵林さんが書いた《台湾省通志:同胄志》に新複級分類を提出した、アタルヤ族(Atayal)を二つの亜族に分けて下に各二つの群を置く。衛恵林さんが種類、言葉、文化、地理、歴史、社会関係でアタルヤ族を賽考列克(Sekolek)と澤敖列(Tseole)二つの群に分けて、そして、セデック亞族を東セデック(East Sedek)と西セデック(West Sedek)二群に分ける。衛恵林さんの作品《台湾土着各族分布》にアタルヤ族の各部落の分布した河川の流域を単位にして新しい分類を提出した。アタルヤ族を北港渓(南投)、大甲渓、大濁水渓(宜蘭南澳)、大嵙渓、後壟渓、大安渓、大甲渓、濁水渓、大基利渓(立霧渓)、木瓜渓などの分布した河川の流域を単位にして分類する。この分類法は独特なところがあり、少なくとも有効的にアタルヤ族の族群の所在地の分布の状況を説明します。でも複数の族群が同じの渓流の流域に分布するの情況に対して、渓流の分類法が誤解され、混淆しやすいです。例え同じ大嵙茨渓の上流に賽考列克群の大嵙茨、合歓、馬里濶丸、金那基などの群が散在していた。特に日本の殖民政府が大正中期(1920)以後、アタルヤ族の部落に対する大規模の遷移を行った、更にこの分類法の正確さを違わせます。

 

廖守臣の作品《アタルヤ族の文化》(1984年)にも複級分類を提出した。廖氏の分類法が鹿野忠雄、移川子野藏、衛恵林らの内容を参考にする。

 

廖氏的分類の最大の特点はアタルヤ亞族の下に賽考列克族群と澤敖列族群二つの方言群に分ける、そして、起源伝説でいくつの系統に分けて、系統の下に血縁氏族と分布地域で数個群に分け、各族群の宗属関係をはっきりさせる。言い伝えによると、賓博斯干Pinsbukan(南投県仁愛郷発祥村)を起源地にするのは賽考列克族群の馬卡那奇、馬立巴、馬里濶丸など三つの系統です。大覇尖山(Papakwaka)を起源地にするのは澤敖列族群の馬巴阿拉、馬巴諾、莫里拉、莫拿玻など四つの系統です。

 

【芸術、文化と音楽】

アタルヤ族の女性は豚を飼う、あわとサトイモの栽培、洗濯、料理などの日課の以外には布を織ることもしなければいけません、材料の採集、色染め、整理全部自分でやります。これらの作業が出来たらよい嫁に認められ、祖霊に認められる。

紡織の伝統技法に最も簡単のは布に一本の線と色のある線で垂直或は交差する斜めなショートラインの柄ができて、基本的には直線式です。出来た布の柄がすごく繊細で、主にひし形の図案から変化する、いろんな色の線を重ねてひしの形が出来た。色には赤、黄、ピンク、緑が中心で、少量の青、紫と黒を加えます。材質は白い麻がメイン。



アタルヤ族は以前「顔刺青の蕃族」と呼ばれ、顔に刺青は他族との区別に重要な意味があります。アタルヤ族として刺青は避けられないことでした、子供が生れて男女問わずにあごに刺青を入れて、人と動物を区別する。青少年になると、女性が初月経後、頬に頬紋を入れます;男性が首狩りの試験が合格してから唇のしたに刺青の頤紋を入れます。

日本殖民時代に入ると男性は首狩りチームと一緒に出掛けるだけで或は父、兄弟が首を獲ったことがあったら刺青ことが許される、刺青のない男子は気の弱い、臆病と思わられて一生人に軽蔑されます、死後レインボーブリッジを渡ることも許されない。布織りの上手の処女がutuxから特別の気遣うを受けられる、美しい刺青の顔を持つ方は死後レインボーブリッジを渡ることができますし、世に男性の求める理想な女性です。



 

我的e政府無障礙空間標章

国立台湾先史文化博物館 着作権所有 ©Copyright 2008  プライバシーポリシー | リング安全政策
アドレス:950-60 台東市博物館路一号No.1 Museum Rd. Taitung, Taiwan 電話:089-381166 お問合せ
閲覧時には1024x768以上,IE5.0以上のバージョンを推薦する